ExOneタービンブレード

航空宇宙

大型で複雑な部品と非常に緻密なコンポーネントでありながらリードタイムを短縮します。

3D printing is able to fulfill many of the needs of the aerospace industry, particularly with the production of printed sand molds and cores for prototype and production castings and printed metal components utilizing ExOne’s nickel-based superalloy, Alloy IN 625.

造形印刷で作成された砂中子と金型

造形印刷で作成される砂中子と金型のサイズは1800 x 1000 x 700 mm(70 x 39 x 29インチ)まで対応でき、航空宇宙業界における部品設計の可能性が大きく広がります。鋳造業界で標準的とされる材料を使用できるため、加工プロセスを既存の製造および鋳造手順に統合することが簡単にできます。 
この大型造形および高速造形の能力を組み合わせることにより、アルミニウム銅合金、ねずみ鋳鉄、ダクタイル鋳鉄、マグネシウムを原料とする金属ベースの試作品鋳造や少量生産でパターン不要の製造を実現します。複雑なギアケースやカバー、燃料タンク、トランスミッションハウジング、気密性を要するコンポーネント、軽量エンジン部品、構造的ヒンジなどに利用されています。

印刷により作成された金属部品

金属を使用した3Dプリンタは、インぺラーやタービンブレードなどの試作部品を短時間で確実に作成するために使用されています。金属の場合、最大で735 x 355 x 355 mm(29 x 14 x 14インチ)の造形が可能です。

こちらの情報もご覧ください

Facebook Twitter YouTube GooglePlus
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software