重機

業界標準まで耐えられる耐久性のある部品。

重機に使用する部品には、厳しい使用条件に耐えられる産業グレードの材料と部品が必要です。革新、効率性の向上、リードタイムの短縮に対する強い要請から、時間とコストを大幅に削減するだけでなく、柔軟性の高い設計を生かして過酷な使用に耐える部品を製造できる3Dプリンタを導入する設計技術者やプラント管理者が増えています。

主要な重機メーカーは既にExOne®バインダージェッティングプロセスを統合しています。この大型造形および高速造形の能力を組み合わせることにより、アルミニウム銅合金、ねずみ鋳鉄、ダクタイル鋳鉄、マグネシウムを原料とする金属ベースの試作品鋳造や少量生産でパターン不要の製造を実現します。
鋳造業界で標準的とされる材料を使用できるため、加工プロセスを既存の製造および鋳造手順に統合することが簡単にできます。従来の製造方法では、人的ミスが発生する可能性が決して低くありませんでした。3Dプリンタの導入により、人的ミスが発生する可能性と廃棄率を低減することができます。

こちらの情報もご覧ください

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software