エネルギー

多種多様な印刷用途。

ExOneは、石油およびガス掘削、採鉱、再生可能エネルギーに向けた3Dプリンタの応用について、エネルギー分野の多くのお客様と連携しています。ExOne®の材料(特に420ステンレス鋼/青銅マトリクス)でのバインダージェッティングによって、エネルギー関連企業が製造している部品は、現場で耐摩耗性の大幅な向上が実証されています。3Dプリンタを利用するとマルチピースアセンブリを1つのピースで新たに作成できるため、従来の製造プロセスの制限を受けずにさらに効率の良い設計を実現できます。

エネルギー分野全体で、印刷による砂型や中子は広範に使用されており、高い安定性と優れた水圧バランスを備えた高品質の鋳造を実現しています。サイズや複雑さに関係なく、ExOneは試作品製作、交換用部品、少量生産向けに鋳造材料を使用したインペラーコアおよび渦巻き形状を製造する最速でコスト効率が最高の方法を提供します。金型を作成する時間とコストは不要です。また設計変更の際には、CADモデルを変更して中子を再造形するだけで容易に対応できます。このプロセスは金型パッケージ全体、または中子のみの造形印刷に利用できます(従来の方法で上型および下型が製作され、造形された中子が金型パッケージ内に配置される場合)。この「ハイブリッドな」方法は中子が複雑な場合に利用され、中子用の型を製作する必要がなくなります。金型を分割して造形できるため、造形ボックスのサイズに制限されない大規模な鋳造が可能になります。


リッツポンプ砂中子

こちらの情報もご覧ください

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software