Southwestern PennsylvaniaのBotsIQ

教育

大学

ExOneは大学に対し、学生が研究や就業技術開発に役立てることのできる独特な3Dプリンタを提供しています。

多くの大学で、学生たちが教授とともに積層造形プロセスの研究を進めています。ルイビル大学では、3Dプリンタのメリットとデメリットを研究する機会を学生に与えています。学生たちはさまざまな機能を持つCADファイルを使用して、基準となる部品を作成します。次に、何通りものプロセスでこれらの部品を組み立て、その過程で形状の正確さ、サイズの制限、および材料の機能を評価します。

ノーザンアイオワ大学では、教育、研究、および産業を統合する取り組みを進めています。この大学では現在、世界有数の金属鋳造技術プログラムを開設しています。学生は、製造業界と協力して作業をする経験を積み、金型や中子のプロセスを学ぶことができます。この大学の金属鋳造センターで、学生たちはExOne® S-Max™システムにアクセスでき、さまざまな産業分野の仕事を体験できます。America Makesのメンバーであるノーザンアイオワ大学は、品質および製造業連携で高い評価を得ています。

テキサス大学エルパソ校、積層造形における実践経験の機会を学生に提供しています。機械工学の教授であるRyan Wicker博士は、ExOne®のバインダージェッティング技術を含む、積層造形技術の講義を行いました。UTEP’s state of the art 3D printing center, the W.M. Keck Center for 3D Innovation brings over 1,000 visitors from a variety of backgrounds.訪問者はこのセンターを巡りながら、ExOne®の技術で造形された部品を見学し、印刷プロセスの概要を知ることができます。


 高等学校/STEM教育

ExOneは、3DプリンタとSTEM教育の可能性に関する啓蒙活動に取り組んでいます。この活動を広めるために、ExOneはBotsIQと3Duツールボックスという2つの育成プログラムを通じて高等学校への働き掛けを始めました。

BotsIQは、さまざまな学区から集まった学生同士がバトルロボットで共に戦うSTEMプログラムです。参加校は、ExOneと連携して3Dプリンタの新しい設計の可能性を学生に紹介してきました。ノーウィン学区の学生はバトルロボットの部品を開発し、その部品はペンシルベニア州ノースハンティンドンのExOne中部大西洋地域生産サービスセンターで印刷されました。プログラムの一環として、学生はExOne施設を訪問し、印刷プロセスについて学ぶとともに彼らの部品の印刷に参加しました。また、The Ringgold RammersもExOneの支援を受けて、3D印刷によるロボット部品と武器を開発しています。学生は地域の施設を訪問し、部品の設計やプロジェクトの管理についてアドバイスを受けます。

ExOneは大学や学区のために3DuTMツールボックスを開発しています。このツールボックスは、バインダージェッティングに重点を置いて積層造形プロセスを学生に実演する際に教師が利用できる副教材です。学生は、利点を把握しながら各プロセスの仕組みを学ぶことができます。


ExOneへの学生の訪問
ExOneへの学生の訪問

こちらの情報もご覧ください

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software