Washout Tooling

マルチピース金属分解ツールの製造に関連するコストと長いリードタイムを排除します。

Washout Toolingは、一般的に、ボトル、飛行機のダクト、圧力タンク、支柱、マンドレルなどの封入形状の一体型の複合部品に使用されます。ExOne® Washout Toolingは、マルチピース金属分解ツールの製造に関連する、コストと長いリードタイムを排除します。また、成形可能な洗浄ツール媒体の製造に使用されるマルチピース金型が必要なくなります。ExOne® Washout Toolingは、競合する3D印刷可溶性ツーリング技術に比較して、速度が大幅に勝っています。

独自技術により開発されたバインダおよびコーティング

ExOne®バインダシステムは、最高350°Fまで水溶解できるよう配合されており、複数の混合物の高温硬化が可能です。使用できる印刷媒体はシリカとセラミック砂です。印刷後、複合部品から樹脂がツールに流れないように、シーリング材がツールの表面に塗布されます。コーティングは、バインダの化学的性質を利用した、水溶性のスプレー式コーティングシステムか、Teflon®テープラップから選択できます。混合物のレイアップが完了し硬化すると、マンドレルの端に水道水が塗布され、洗浄工程が開始されます。洗浄は数分で終わり、残余物は残りません。


仕様

材料の特性  ExOne®  Washout Tooling
珪砂 セラミック砂
 密度 90lb/ft3
95lb/ft3
最高使用温度  350°F  350°F
 熱拡張係数(RT-350°F)  11ppm/°F  2ppm/°F
 圧力強度  >500psi  >500psi
 公差(印刷時)  +/- 0.015”  +/- 0.015”
 コーティングのオプション  可溶性物質にテフロンテープまたはスプレー
 洗浄方法  常温の水道水



洗浄工程

 3D印刷工程
 3D印刷のマンドレル
 コーティング済みマンドレル
 フィラメント屈曲
 マンドレルの硬化完了
 砂「洗浄」された最終部品

3D印刷Washout Toolingのメリット

    • 350oFの使用温度

      • 水で洗浄可能

        • 低温または高温CTE印刷媒体

          • 低コスト

            • 製造時間の短縮

              • 設計の複雑性

                • 再利用可能な媒体

                  • オートクレーブ加工との互換性



                  可能性の追求

                  Washout Toolingの詳細情報
                  お問い合わせ

                  こちらの情報もご覧ください

                  Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software