ポンプ

高性能で精密な部品。

ポンプ用途の場合、ExOneは鋳造のインペラーの水力バランスを大幅に向上させ、1回限りの鋳造や3D印刷による金属部品の納期を短縮しました。わずか数週間で、繰り返し並列処理を実現できます。また、積層造形は、従来のポンプ部品のリバースエンジニアリングにとって最適な手法であり、データファイルをハードドライブに保存できるため、パターンの保存に必要な倉庫の物理的スペースを減らすことができます。

ExOne®プロセスはポンプ業界において、金型パッケージ全体の印刷、または中子のみを印刷する「ハイブリッド」アプローチの一部としての印刷により、試作品製作、交換用インぺラー、渦巻き形状、および回転部品用の鋳物製造に貢献しています。
積層造形プロセスを通じてこのような金型と中子を作成することにより、ExOneは鋳物を短時間で製造するために必要な時間とコストを大幅に削減します。従来のパターン製造プロセスと比較すると、金型パッケージを鋳造所に納品するまでの期間は月単位から日単位に短縮されます。また、お客様は、インぺラー中子の精度向上、優れたブレード造形、高い油圧性能、ダイナミックバランスの調節しやすさなど、これまでにないメリットを持つ部品を実現しています。

こちらの情報もご覧ください

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software