鋳造

型を必要としないプロセスによって設計の自由度が確保され、効率が向上し、保管の必要がなくなります。

ExOneは、砂型や中子を製造する3Dプリンタ技術に莫大な投資を行ってきました。試作品製作および少量の鋳造において、従来の手法に代わる、コスト効率がよく時間を短縮できる手法を提供するためです。金属鋳造は、工業、軍事、および消費者製品に広く使用されており、また新製品の開発ではコスト効率のよい方法として評価が高まっています。従来の鋳造品は「木型」技術を使用して製造されていました。これは鋳造プロセスに不可欠なステップであるものの時間と労力を要する部分でもあり、メーカーはすばやい対応を取ることができませんでした。CADデータから砂型および中子を直接3Dプリンタで印刷することにより、パーツをデジタルで保管できるため、木型の保管も必要ありません。自由に設計できることはこのプロセス最大の利点です。非常に大型で複雑な鋳型や中子の設計も可能になり、デジタルであるという性質から均一性と精度が向上するため、高品質で効率的な鋳造につながります。
3Dプリンタは、型を必要としない少量生産部品、少量生産製品の開発用途、および少量に適した生産で、応答時間、小バッチ生産のセットアップ費用、および金型にかかる費用の最小化が必要な場合に最適です。

鋳造所で扱いやすいさまざまな材料とバインダが提供され、プリンタを使用することで鋳型と中子を短時間で製造できるようになったため、鋳造所とOEM企業では鋳造向けの砂型造形印刷がすでに一体化されています。ExOneは、信頼できる鋳造所の紹介や、ExCastプログラムによる鋳型の設計から鋳造までのプロセス簡素化によって、お客様が高品質の鋳造品を入手できるようにお手伝いをしています。

こちらの情報もご覧ください

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software