高い加工性

2017年6月28日

高い加工性

2017年6月1日に、ゲルストホーフェンにあるゲーテ小学校では、創立50周年記念祭を開催しました。3D印刷システムの世界的なサプライヤーであるExOneは、ユニークな浴室家具の製造で知られる新興企業Sandhelden社と共同で、3D砂型プリンタによるゲーテの胸像を提供しました。

2時間の記念祭では、この小学校の卒業生であり、現在ExOneのゲルストホーフェン工程開発部門の一員であるAlex Connorと、ゲルストホーフェンの市長Michael Wörle氏の2人の特別来賓によってIrmgard Frank校長に特別なプレゼントが渡されました。
記念祭の挨拶では、市長は、「見ておわかりのとおり、色は必要ありません」と述べました。

3D砂型プリンタは主にプロトタイプの制作に使用されます。3D砂型プリンタのモデルは、CADファイルから取得したレイヤーから直接印刷されたレイヤーです。その後、造形ボックスから取り出され、浸潤されています。




浸潤と呼ばれる恒久的な硬化は、Sandhelden社のLaurens Faure氏 とPeter Schiffner氏が処理しました。胸像が披露された記念祭に出席したPeter Schiffner氏は、「創造性とテクノロジーが融合したこのようなプロジェクトを支援できたことを光栄に思います」と述べています。

2人の若いビジネスマンは、浴室家具の分野でこの創造性を発揮しており、ありきたりのセラミックの既製品とは異なる家具を生み出しています。3D印刷工程によって、ゲーテの胸像のように、スタイリッシュなトイレやバスタブが作り出されます。Sandhelden社の製品は、個別性の高い製品でも制作できることを証明しています。

ExOneとSandhelden社は、このゲーテの胸像で砂中子に恒久的な耐久性があることを証明しました。



Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software